塾は子供が選ぶべき〜大切な事とは

塾選びは本当に大変だと思います。
数ある中から子供に合っている塾探し。
まずは当たり前ですが、体験期間は必ず利用する事です。

塾は噂や評判だけで親が決めてはいけません。
どんなに有名塾でも子供と職員や教師との信頼関係が成り立たなければ、お金だけを捨てる事になってしまいます。

親には言えない事も塾でだったら心開ける。
親に言われても義務としか感じない事も、塾の先生から言われたら頑張ろうと思える。
子供にはまずこの条件が一番大切かと思います。

もちろん親と職員の陰での情報交換や信頼関係も大切になって来ますので、何か子供に変化が生じれば情報共有出来る体制がとれる塾がいいと思います。

塾に通って本当に成績が上がる生徒は全体の20%だそうです。
それも踏まえれば、どれだけ塾との連携が必要かが感じ取れると思います。

親は塾に行かせて先生さえ良ければ、通わせっきりの親も多いかもしれませんが、子供にとっては学校と塾で1日が終わると言っても過言ではありません。

だからこそ、指導する先生を自由に変えられるシステム・授業の担当と生徒の心や指導の進め方・接し方を把握する担当職員(授業は基本的にしない)に分けられている塾がオススメです。

もちろん職員の方も自習の子に対しては、どんな教科も教えられる方々です。

一番大切な事は子供がどれだけ尊敬したり信頼できる人がいるかどうか?ではないでしょうか?